ウェディングプランナーに向いている人の特徴や必要なスキルとは

幸せを実感する日、そのお手伝いができるウェディングプランナー

誰かのためになる仕事をしたいと思う時、看護師や介護などの医療、介護系に進む人も多いのですが、幸せのお手伝いができるウェディングプランナーになって幸せのサポートをしたいと考える人も多いようです。

ブライダルの世界は華やかで、お式も披露宴も感動する事が多く、ここに自分が関わる事が出来たら・・・と思うのも納得なのですが、ウェディングプランナーとして結婚式のサポートを行うという事は、ブライダルのマナーや礼儀などをしっかり学び、一生に一度の本番の際に、失礼がないようにしなければなりません。

そのため、ウェディングプランナーになる方は今多くは専門学校等に通う事、またブライダル関係、式場、ホテルなどでアルバイトを行い技術、知識を身に着ける方が多いです。

ウェディングプランナーの資格は絶対に必要?

資格がなければ名乗る事が出来ない独占業務ではありませんし、資格なしで活躍されているプランナーの方も大勢いらっしゃいます。
しかし現代、転職や就職という時にウェディングプランナーの資格を保有してる方が有利という事は確かです。

ウェディングプランナーの資格を持っているという事は、実際にウェディングの現場での経験数がなくても、慶事のマナー、お式についての礼儀、流れなども知識として持っているという事で、専門知識を持っているのと持っていないという事では大きな差になります。

特にウェディングプランナーの場合、働く場所が結婚式、披露宴を行う場所となりますので、一般的なビジネスマナーのほか、挙式、披露宴について様々なシチュエーションでのマナー等も理解が必要です。

専門知識を保有している資格者の方がより雇用しやすく、又実際に働く側も、知識を持っている方が安心して働くことができると思います。

ウェディングプランナーに向いている人とは?

ウェディングプランナーに向いている人、まずは人を喜ばせることが大好き、人のためになりたいと思う気持ちをもっている方です。

結婚式というおめでたいお席のサポート、演出などをお手伝いすることになりますので、専門的な知識を活かすというだけではなく、相手の事をよく考えて気配りが出来なければ勤まりません。

誰かの誕生日にサプライズをするのも苦ではない、誰かのために何かをしてあげたいという気持ちをもてる人は、ウェディングプランナーという仕事に向いているといえます。

またウェディングは今非常に個性豊かになっているので豊かな想像力があるという事、ユニークな発想や、何か困難な事にぶつかった場合でも、人のために苦労出来る気持ちなども必要となります。

豊かな想像力を養うために本をたくさん読んだり、様々な情報にも耳を傾け、また時代のトレンドもしっかりつかむ努力ができることも望まれます。