お客様から頂いた「嬉しかった言葉」

ウエディングプランナーをしていると依頼主様から様々な言葉をかけていただきます。
やはりその中でも嬉しいのは感謝の言葉。
時には依頼主様から叱られることもありながら成長するとともに、多くの感謝をいただき仕事へのやりがいや幸せを感じるものです。

最高の挙式ができたお喜び

様々なプランナーが活躍している業界の中で名指しで自分にお願いしてよかったと言う言葉をもらった時ほど嬉しいものはありません。
プランナーによってそれぞれ提示するアイディアなどは違っているものですから、この言葉をもらうと、依頼者様の理想にぴったりとそった挙式を行うことができたと自分の中でも大きな満足感を得ることができます。

もちろん依頼者様は最高の挙式ができたと思ってくださりますので、これが何よりもありがたい言葉と言えます。
もちろんそのほかにもさまざまな感謝の言葉をいただくのですが、常に「こちらこそありがとうございました」という思いで依頼者様からの言葉を受け取っています。

ご親族様からの言葉も嬉しい

挙式を迎えた新郎新婦のお2人だけではなく、ご両親やご親族の方から感謝の気持ちをいただくときにも非常に嬉しくなります。
「おかげさまでとても素敵な結婚式になりました」と言う言葉をいただいたり、「我が子の門出を手伝ってくださってありがとうございました」と言っていただくこともあります。

手伝わせていただくのはこちら側ですので反対に恐縮してしまうのですが、それでもやはりご両親の方やご親族の方からこのように言っていただけるのは頑張りが伝わった証拠だと思っています。
結婚式の前は様々な打ち合わせや準備などで新郎新婦の方や親族の方はバタバタと忙しい日々を送りますが、そんな中でも素敵な挙式を迎え、帰る間際に温かい言葉をくださる方がたくさんいます。

お手紙での近況報告も嬉しい

感謝の気持ちなどを伝えていただくともちろん非常に嬉しいのですが、それだけではなく担当させて頂いたご夫婦の近況報告もありがたいものです。
お手紙の中に「健康に気をつけてください」という言葉や、「多くの方々の幸せを見守ってあげてください」という言葉があると大きくやる気につながります。

結婚式そのものを考えれば当日の数時間のみしかお付き合いをすることはありません。
しかしそれ以前に打ち合わせをする段階から長くて1年程度、短くても3ヶ月程度のお付き合いになりますのでそれが続くのは何よりの宝物だと思っています。

またこの他にも実際に挙式を担当させて頂いたご夫婦から紹介を受けていらしてくださると言うご夫婦の方もいらっしゃるいます。
こういった方々から「◯◯さんにお願いすれば間違いないよと言われた」などの言葉を聞いた時にも天に昇るような嬉しい気持ちになります。
依頼者様からの多くの言葉に支えられながら、プランナーとして成長しているんだということを実感します。