義父や義母に対して贈り物をするべき?

CV095
結婚をすると、配偶者との家族とも親戚縁者となります。そのため、お中元やお歳暮、または母の日や父の日などの記念日に贈り物をすべきか否か、迷うケースも少なくありません。

配偶者に任せてしまおう

CV168

基本的に、義父や義母への贈り物は配偶者に任せるのが賢明でしょう。これは、世帯によってこの手の贈り物に対する価値観がまったく異なるためです。例えば、贈答品を贈り合う習慣がそれほど無かった人に対して、お中元やお歳暮などを律義に贈っていては、かえって気を使わせてしまう可能性もあります。そこで義父や義母に対しては、妻や旦那に贈り物をどうするかの判断を任せてしまったほうが、正解を選びやすくなるのです。

何も贈らないのは味気ないという人は?

puriza7
大丸松坂屋の母の日ギフト特集

とはいえ、親戚間で贈り物を積極的にしてきた人の場合、「記念日に何も渡さないのは気が引ける」と思うのが当然でしょう。そういった人は、大仰ではない手軽なプレゼントを贈るようにしましょう。例えば、母の日の場合は、定番である「カーネーション」のグッズを贈るのも手です。定番のプレゼントは、楽に手に入れられるというメリットがあるほか、贈られる人にとっても精神的にも負担になりにくくという効果があります。

高価なものは買わない

たとえ、贈り物をし合う習慣があった家庭でも、過度に高価なものは贈り物として選ばないほうがいいでしょう。これも、贈った相手に負担を与えてしまいますし、自身の家計にも大きなダメージを与えてしまいます。義父や義母に対し
ては、贈り物をするにしてもしないにしても、相手の生活スタイルに合わせたうえで正解を選ぶようにしてください。