挙式をするかまだ未確定なのですが、まずは話だけでも聞けますか?

ウエディングプランナーへの相談は挙式をすることが決定していなくても可能です。
様々なアドバイスやこれまでの経験などを聞き、その上で挙式をするかどうか決めても良いでしょう。
その際のポイントについてお話します。

なぜ悩んでいるのかを明確に伝えること

実際に挙式を行うことが決まっていなくても、プランナーに話を聞きたいと思うのは少なからず結婚式をしたいという気持ちがあるからです。
そのため、プランナーに話を聞くときには何故式を行う決意をせず悩んでいるのかを伝えましょう。

式を挙げることが決まっていなくてもプランナーに話を聞くことが可能になっており、どのくらいの費用が必要になるのか、その他にもゲストはとても少ない中で挙式を行うことができるのかなど様々な話を聞くことができます。
わざわざ足を運ばなくても電話などでお話を伺うこともできるので、まずは細かなことでも正直に悩みを伝えてみると良いでしょう。

話を聞いたら無理に契約させられたりしないの?

プランナーに話を聞く段階では式を挙げるかどうか決定していなくても、実際に様々な話を聞いた上で仮契約などをさせられてしまうのではないかと不安に感じる人がいるようです。
しかし、話を聞いたからと言って無理に契約をしてしまうようなことはありません。
なぜなら、結婚式というのはまずは新郎新婦がしっかりと納得した上で挙式をあげたいと言う強い思いを持って初めて、素敵なものになるからです。

プランナーが無理に挙式を進め半ば強引に契約を取ったところで新郎新婦の2人が納得していなければ最高の式を挙げることはできません。
こういった部分からもお2人が本気で式を挙げたいと思った時に初めて仮契約などを行い、プランナーが具体的に挙式の段取りを提案していくという形になります。

実際にどんな話が聞けるのですか?

挙式を決めていない状態でプランナーにどんな話が聞けるのかについては質問内容によって変わってきます。
挙式での料理はどんなものが多いのか、また特別な場所での挙式をあげたい場合にも対応してくれるのか、会場は数カ所の中から選ぶことができるのか、などを聞くことができます。

さらにこの他にもドレスを扱っているショップの紹介や司会進行を頼む場合、本当に経験を持ち敏腕司会者に頼むことができるのか?
などという部分についても詳しく話を聞く事が出来るようになっています。

特にプランナーが答えられないと言う質問等はありませんので、結婚式にまつわることであれば何でも聞くのが正解です。
ゲストが喜んでくれるためにはどんな演出が良いのかということを聞き、ゲストの年齢層や全体的な雰囲気に合わせながら過去にはこんなケースがありましたという経験から参考になるお話を聞かせてもらうこともできます。

挙式をすることが決まっていなくてもプランナーは誠意をもって話を聞き、さらには質問に答えます。
まだ挙式をするかどうか悩んでいる段階でプロの話を聞くことでより、具体的に挙式をするかどうかを決めるのも良いでしょう。