挙式スタイルを決めよう!キリスト教式編

カトリックとプロテスタント

キリスト教式はキリスト教の教義に則って行う挙式であり、これには2つあり、カトリックとプロテスタントに分かれます。
カトリックはキリスト教信者のみが行える挙式であり、少なくとも夫婦どちらかが信者でないとなりません。
プロテスタントでは夫婦両方とも信者でなくても、挙式は行えます。

カトリックはキリスト教会で挙式を行い、プロテスタントはホテルやチャペルで行えます。
挙式自体にも細かい違いがあり、カトリックは神父プロテスタントは牧師、カトリックは再婚の挙式は行えないというような違いがあります。
その他にもバージンロードの色の違いや、十字架の模様なども違ってきます。

キリスト教式の流れ

1.新郎新婦よりも先に参列者が入場
新郎新婦が入ってくる前に、参列者が入場します。
正面に向かって右が新郎、左が新婦の関係者の席です。
席は前に行くほど、新郎新婦との関係が強くなり、一番前の席が両親や親戚などとなります。
そして牧師または神父が開式を選言します。

2.新郎の入場
介添人と一緒に新郎が入場します。
またはグルームズマンが先導するということもあり、新郎は参列者の大きな注目を集めます。

3.新婦の入場
新婦はブライズメイドや母親に誘導されながら、新婦の父と腕を組んでバージンロードを歩いていきます。
母親と父親の気持ちを背負いながら、歩いていくと言うことになります。

4.賛美歌斉唱
新郎新婦がそろったら賛美歌を歌い、いよいよ本格的な挙式がスタートします。
牧師または神父は聖書を開いて、夫婦の努めという部分を読みます。

5.聖書朗読と祈祷
聖書には色々と話がありますので、婚姻にふさわしい部分をいくつか読んでいきます。
そして朗読が終わると、祈祷し神様に祈りを捧げます。

6.結婚の誓約
挙式の中で重要な誓約を行い、牧師または神父が新郎新婦に問いかける場面です。
新郎新婦は、牧師や神父の前に立ち、それぞれに「病める時も 健やかなる時も・・・これを愛し、これを敬い、・・真心を尽くすことを誓いますか?」などのように問いかけます。
そして新郎新婦は、問いかけに対し「誓います」と答えます。
ここで新郎新婦共に誓わないと、夫婦とは認められないのです。

7.指輪交換
結婚指輪の交換です。
新郎から新婦に、そして新婦から新郎へとお互いに指輪を渡して、必ず左手の薬指にはめてあげます。
これによって、夫婦として歩んで行くという誓いを形にするのです。

8.結婚宣言
結婚指輪の交換が終わったら、新郎と新婦の手を牧師や神父が重ね合わせ、祈祷します。
そして二人が夫婦になったと宣言されます。

9.結婚証書
宣言が終わると、今度は結婚証書を書きます。
新郎新婦のサインと、牧師または神父のサインを行います。
これでキリスト教式の結婚式は終わり、夫婦になった二人は新郎のエスコートで式場から退場していきます。